PAGE TOP
TOP right BLOG right right ミュージックグラスVS私〜湯煎による傾向と対策〜

AQUARIUM

2015/07/20

ミュージックグラスVS私〜湯煎による傾向と対策〜

勝手に抜けるミュージックグラスに繋いだチューブ、私とチューブの叩きに終止符が打たれる。

本日が最後の連休という方も多いのでは無いでしょうか?相変わらずの猛暑、アクアリストの水槽維持能力が試されるシーズン到来と言ったところでしょうか?

絶対とれるチューブ

前回の記事でミュージックグラスに接続したチューブが勝手に抜けるという事をお知らせしたと思うのですが…。頂いたコメントに「湯煎」というアドバイスを頂いたので早速実行。

ミュージックグラス

入った、湯煎しなかった時の3倍以上奥に入った。しかし、すんなりズボッと入ったワケではなく、5分くらいお湯につけてはグイグイ、チューブが冷えてきたらまたお湯に浸けてグイグイ…。中々の力仕事でした。

CO2空気漏れ

しかし、そんな私の苦労を知ってか知らずか。数分後、私が意図しない場所から軽快に泡が放たれている!私がせっかく頑張ってチューブをねじ込んだのに…。

この後、この空気漏れチューブをねじ込むのに数時間格闘した事を知る者は少ない…。

コメントする

“ミュージックグラスVS私〜湯煎による傾向と対策〜” への2件のフィードバック

  1. すかふ より:

    まさかの連結部から漏れましたか(ノ∀`)アチャー
    でも、少なくともミュージックグラスにチューブは入ったので安心しました♪

    ただ、今度は掃除の時に抜けずに、思わず割らない様に気をつけてください…(・∀・;)
    フリではなくほんとに…。

    • machimochi より:

      すかふさん、こんばんは。

      まさかの漏れです!
      そして、アドバイスのとおり湯煎すると思った以上に奥に入りました!ハッピー(*´ω`*)

      掃除の時にですか…。
      私すでに2個割っている前科持ちです…。

      ミュージックグラスでは無くバブルカウントディフューザーなんですけどね。
      何にせよガラス製品の取り扱いには気をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。