PAGE TOP
TOP right BLOG right right シミリス稚魚の過半数が消えた悲劇から学ぶ、稚魚飼育の注意点

AQUARIUM

time 2021/11/15

シミリス稚魚の過半数が消えた悲劇から学ぶ、稚魚飼育の注意点

結論:サテライトの排水口は閉め忘れない

この記事は約4分で読めます

脱走後のシミリス稚魚を網で回収

気がつけば今年も残り1ヶ月半、今年のやり残しは無いですか?

本日のお題は、稚魚が安定し油断していた時に起きた悲劇について。

check この記事の内容

撮影時に外した排水ネット

夜にサテライトを真上から稚魚の様子を撮影する時、邪魔で外した排水ネット。

撮影後にセットする事を忘れ、翌朝になりやっと気づいたのでした。

7匹中5匹が一晩で脱走

見づらいかもしれませんが、上の写真が当時の様子。

ルンルン気分で稚魚水槽を確認し、朝一番で「あら!?居ない!!」と天国と地獄を1分で体験した。

上部の排水溝にダイビング

唯一の脱出口である、排水溝はサテライトの上部に設置されている。

しかし一晩あれば、活きの良い稚魚であれば登って逃げる事が判明しました。

戸締り用心稚魚用心

よって撮影時や排水ネットのお掃除を行なった後、排水ネットの再設置を忘れないように用心しましょう。

普通に飛び越えて脱出します(涙

脱走先はエビの楽園

サテライトを設置している水槽ビュース、こちらに存在する生態はミナミヌマエビ10匹とカバグチカノコ貝のみ。

温厚な生体ばかりですがエビは稚魚の天敵、全て捕食されてもおかしく無い。

背筋が凍ります。

生き残った3匹を回収

正直全滅も覚悟していたのですが、なんとか過半数が生存し回収できた。

しかし、隈無く探しても残りの2匹を発見する事はできませんでした…。

おそらくミナミヌマエビに捕食されたのでしょう。

奇跡的に生還した3匹

このアングルでの写真撮影の代償に亡くなった2匹、全ては飼育者の私の責任です。

残り5匹となってしまいましたが、この5匹だけは絶対に育て切ってみせると誓った…。

そんな、色んな意味で肌寒さが身にしみる晩秋の週末でした。

check 紹介した生体

コリドラスシミリス
少し繊細な部分はありますが、美しくて可愛いコリドラスです。

販売元:チャーム

コリドラス関連の記事

コリドラス補完計画:有精卵ゼロの悲劇、代わりに私が出産した。
記録的な猛暑でウンザリな真夏の週末、皆様いかがお過ごしでしょうか?私はお盆前の案件整理でバタバタです…。それでは遅れましたが、例のコリドラスの卵の結果をご報告。高齢の弊害出産から数日経過、しかし待てど暮らせど卵は孵らない。そんな中、私の脳裏によぎっ
コリドラス補完計画:有精卵ゼロの悲劇、代わりに私が出産した。
アクアリウムのLINE着せかえ本日販売開始!アクアが貴方のスマホに宿る!!
最近夏の香りしてきましたね、そんな季節の移り変わりを感じる今日この頃…。マチモチの「アレ」が動き出しました!前回告知していたLINE着せかえがですね、遂に審査を通過しリリースする事が出来ました!うひょー!!結構「こだわって」描いた淡水の生体達、貴方
アクアリウムのLINE着せかえ本日販売開始!アクアが貴方のスマホに宿る!!

雑談ルーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください