PAGE TOP
TOP right BLOG right right 巨大椎間板ヘルニア術後経過日記:5日目

ANOTHER

2015/02/26

巨大椎間板ヘルニア術後経過日記:5日目

術後の不安や疑い、少し捻くれた手術経験者の当時のリアルな心境を書き記します。

手術後5日目:2月8日日曜日

術後5日目

土日、病院の外来はお休み。理学療法士さんもお休みなのでリハビリも無し、症状もグングン回復して院内生活にも若干の余裕が出てくる…。そうです「暇」になります。

しかし、今日は待ちに待ったシャンプーの日、お昼過ぎてくらいだろうなと思っていたら予想通り13:00過ぎ位にお呼びがかかる。最高にスッキリ!そして本日、初めて抗生剤の点滴が漏れた!!

漏れると腕を縛られているような感覚になる事が判明。半分以上の抗生剤が余ったんだけど看護師さんが回収、その後何もないのだけれど点滴できなかった半分くらいの抗生剤は点滴しなおさなくて良いのだろうか?

そして問題の左足根元の炎症ですが、恐らくこの痛みは術後から発生している。今までは他の痛みが強く上手く感じ取れなかったのでしょう。この「痛み」は言葉で表現するのが難しい、そもそも「痛いのか?」っと言われると返答に困る。

「ジンジンして熱を持った感じ」だが「ギリギリ痛くはない」私が出来る最大の表現だ。先生は順調と言うが、看護師さんは「痛みが残る場合も…。」なども漏らしてきた。

そもそも今入院している病院は重傷の患者しか入院できない。そして「基本的に2週間で退院、もしくは転院する」っというお願いも入院前に説明されるのです。

2週間でベットを開ける必要がある以上、余程の緊急性がある症状が出ない限り「貴方は順調では無い、だが2週間後には転院しベットを開けろ。」っとは言わないだろう。

いささか不安が残る…。椎間板ヘルニアの手術は後遺症が残る可能性がある、それは事前に説明を受けている。しかし、まだ術後6日目だ結論を出すのは些か拙速に思える、変に考え込まず冷静に経過を見て判断したい。そういうのは得意だ。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。