PAGE TOP
TOP right BLOG right right ブレイクスルーは存在しない、それは天才にのみ与えられた恩寵

ANOTHER

2018/04/10

ブレイクスルーは存在しない、それは天才にのみ与えられた恩寵

酔いも深くなった席でのお互いに結構突っ込んだ内容のお話。

ここ数週間は、キッザニア的なイベントへの出店でバタバタだった。
そんなキッズ達の様々な可能性に感動する数日でしたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

キッズ達の詳しい話は別のブログでするとして、久々にやってまいりましたウィークリーフライヤー。
そうですね「普通にアクアのブログ書け」という需要に若干の後ろめたさを感じながらお届けする今回のテーマは・・・。

天才と凡人です。

ネガティブな内容じゃない

まず最初に断っておきたいのですが、決して「ネガティブな記事ではない」ということです。

この記事でのブレークスルーは「飛躍的前進」という意味合いでの表現である事を前提とした上で読み進めていただけたらと思います。

99%の凡人と1%の天才

まずは、ここ数日のキッザニア的な地元イベントで数多くの10歳前後の子供達とのWEB制作体験による個人的な感想をザックリと…。

能力分布

「60%が10歳らしい子供」「30%がよく理解できる子供」「9%が理解がよく礼儀正しくコミュニケーション能力が高い子供」「1%が驚異的な理解力と理解スピード、発想力を持つ子供」という個人的な感想です。

そもそも、この手のイベントにお金を払って参加させようとする親と参加したいという子供です。会場に来ている時点である程度高水準の層が集結していると考えられる。

存在する1%

「ビバ!天才!!」という事が言いたいのではなく、どの子も素晴らしい人間の可能性を感じるイベントだった。

しかし、訓練られていたとしても明らかに天から授かっていると感じる「毛色の違う子が1%とその他99%が存在していた」という事を強調したいのです。

凡人が語る成果と過程

さて、長い前置きを経てやっと本題。比率は私の主観ですが、おそらく天才は「ひとつまみ」で大半が凡人のはずです。

そして間違いなく凡人である私と飲み友達とのサシ飲みで話した深いようで浅い話、今回はそんな小話を一つ紳士淑女の皆様と語らいたいのです。

私たちは常に牛歩

驚異的な理解力とスピードを持ち合わせていない凡人は成長も成果も少しずつの積み重ねでしか得られない事が大半である。

おおよそ私が一般平均よりも少し上の能力である「イラスト」「歌」これらは幼少の頃から好きで趣味で継続して描いたり歌ったりしていた。

イキナリ上手くなったり驚異的なスピードで上達した訳では無い、少しずつ地道に続けていたからこそ一般人よりも少し上手くなったのです。

ブレークスルーは長い道のりのゴールを指すもの

ブレークスルー(飛躍的前進)と聞けば1から10へ一瞬で到達したかのようなイメージはありませんか?私はありました。

飛躍的前進は常に積み重ねたきた成果が実った時を結果論で語った事だと私は恥ずかしながら今更気がつきました。

私達凡人は常に耐え忍ばなければならないのです、あの大天才エジソンでえ数多くの失敗を重ねているのですから。

終わりに

今週もこんな記事を最後まで見てしまった紳士淑女の方々、自分を変えたいと思っていたりしますね?

そんな悩みをきっと解決しない、そして現状を何も変えたりしないですが日本に着替えると問題を先延ばしにできるかもしれない「このLINE着せ替え」

アクアリウムと全然関係ないのに不思議と好評なこのアイテム、宜しければ使ってやってください。

LINE STOREはコチラから

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。