PAGE TOP
TOP right BLOG right right ウォーターローンで注意すべき事!まさかの惨事に植え直し。

AQUARIUM

2015/01/10

ウォーターローンで注意すべき事!まさかの惨事に植え直し。

植えてから4日目のウォーターローン、早速イレギュラーな事件が発生。

アクリルタンクにて事件が発生、ウォーターローンが半分以上掘り返されている…。

上の写真は昨日の様子、昨日のブログ用に撮影したものですがブログ書く前に寝てしまった…。

アクリルタンク全景

そして今の水槽の様子、実は植えていたウォーターローンの4割が浮いていたんです!犯人はレッドビーシュリンプ。

前もって調べていたので知ってはいたのですがウォーターローンの葉は柔らかくてエビさんに大人気!植え方が甘かったウォーターローンが掘り返されて浮いてきたんです。

ウォーターローン1

そこで植え直していたんですが…。問題の上の写真、なんと葉から新芽が出ているんですね。コノ写真だと葉にくっ付いているだけに見えてしまうんですが、引っぱっても取れません。

ウォーターローン2

私のiPhone4sではコレが限界、活着した可能性は否定出来ませんがシッカリと引っ付いています。でも葉から生えているように見えるんです。

ウォーターローン3

何にせよこのままだと植えにくいので葉をカットして植えます。

本日のウォーターローン1

そして今度は浮き上がらないようにカナーリ深く植えました。

本日のウォーターローン2

これで大丈夫なはず!ヤマトヌマエビならともかく、ビーシュリンプが悪さをするとは思っていませんでした。

本日のウォーターローン3

植えていないように見える部分も実は植えています、そんな箇所は僅かに葉が見えると思います。

グリーンロタラ

一方グリーンロタラはさらに成長。相変わらず縦伸びですがドンドン枝分かれしています!水面から飛び出す日も近い?

と言う感じでウォーターローンを植える時、エビが居る場合は「カナリ深めに植える」のが重要かもしれません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。