PAGE TOP
TOP right BLOG right right 放屁が止まらなくなったアクアリストが語る、健康食品の是非。

ANOTHER

2015/09/22

放屁が止まらなくなったアクアリストが語る、健康食品の是非。

おならで悩んでいる人は多いのです、決して面白半分で言っている訳では無いんです。

もう「日曜日の夜にお届けするのは無理なのではないだろうか?」そんな一物の思いと共にお送りするウィークリーフライヤー!わざわざ東京にMacBook Airを持参し「旅行中もブログを書いてみせる!」っと意気揚々と向かったのですが…。

一度も起動する事無く「ただひたすら旅行中の重り」となった嘘つきアクアリストが第三回目のウィークリーフライヤー。

ウィークリーフライヤー

シルバーウィークも本日で最終日となります、そんな皆様の貴重なお時間を亜硝酸タップリな内容でお届けする記念すべき第3回はのお題は…。

止まらない放屁

 

 

意外と知られていないと思いますが「おなら」の悩みで悩んでいる人は非常に多いのです。紳士淑女の方々には説明不要だと思いますが「けしてウケを狙っている訳ではなく」真面目なテーマです、ご覧頂く前に考慮して閲覧して頂けたらと思います。

ある健康食品を食べるようになり体質が変化したのか、放屁の回数が危険なくらい増えているのです。笑い事ではないのです、そもそも「おなら」とは何なのか?回数が多いと何が良く無いのか??臭いと体長の関係とは???

まずは皆さんの「おなら」に対する認識を整理して頂きたいのです。オナラの基本的な理解を3ポイントにわけて「ざっくり」ご説明します。

屁が止まらない

ポイント1:「おなら」は何故出るの?

おならの正体は殆どが食事や話をしている間に無意識に飲み込んでしまう空気であり、ソレら以外では食物を体内で消化するときに発生するガスが殆どである。

ポイント2:「良いおなら」と「悪いおなら」

体内には「善玉菌」と「悪玉菌」が存在します。食べ物にも左右されますが、健康な状態であれば「善玉菌」が働き「臭いが少ない」のですが便秘などで太陽が優れない状態ですと「悪玉菌」が働き「悪臭の原因」となります。

ポイント3:「おなら」の回数の仕組み

「ストレス」が増えると「おならの回数が増加する」とされており、大腸は緊張や不安などストレスに敏感に反応します。

すなわち「もの凄くざっくり」言いますと「臭いと悪い屁」「臭く無いと良い屁」「屁の回数が多いのも良く無い」となります。

 

 

さて、屁の基本を知って頂いた上で私が摂取している商品がコチラ。

賢者の食卓

大塚製薬さんより発売されている「賢者の食卓」です。Wトクホ(ダブルトクホ)を取得している商品で、その効果は「糖分」や「脂肪」の吸収を控えてくれる!平たく言えば「食べても太りにくい」っという事です。

まずは特筆すべきはWトクホ、何か良くわからないのですがとにかく凄そう!売れる商品の必須パターンだと私は確信しております。意味は私も良くわかっていません!

この賢そうなアイテムは無味無臭!そして極めつけは無着色!!食事中に飲む水・お茶・みそ汁・ジュース・牛乳…。もはや水分でしたら何にでも混ぜ「味」「色」を変えずに摂取できるのです。

この圧倒的飲みやすさが賢者の食卓の「売り」ですね、そしてこの商品の主な効能としては昔からあるタイプの「食物繊維の働きで〜」っというヤツです。

効能こそありきたりですが、この商品の売りは摂取し易さ!そして発売元があの大塚製薬様!!変な物は売らないはず!!!

浅はかですか?

やっぱり浅はかですよね??

 

 

運動

これは全てのダイエットしている人に言いたいのですが「楽にダイエットできる方法なんて無い」っという事です。まずダイエットという言葉の意味を理解できていない人が殆どなのです。

「ダイエット」とは「健康になる」っという事であり「体重を減らす」っと言う意味ではないのです。これが日本人の残念な部分、もうダイエット業界の思う壷です。

ダイエットとは「バランスの良い食事」「質の良い睡眠」「適度な運動」この3つのどれもが欠けてはいけない!げんに、いわゆる「内蔵脂肪」なんかは食事療法のみでは燃やせないのです。

特に最近は「運動してないよ?食事だけでも2キロ減ったんだー♪」等、良く耳にしますよね?残念、その減った2キロの正体は「体内の水分」と「筋肉」なんです、おめでとうございます。

ただ「健康補助食品」などで足りない栄養素を摂取する何て言う事でしたら無問題、わたしから鳴っている警報は「屁」ではなく「無知による偏った認識に対するもの」なのです。

 

 

そして、そんな「無知による偏った認識に踊らされると」私みたいに「放屁が止まらない」事になるのです、よく調べもしないで健康食品を使用するのは愚かな事です。

「食物繊維」は摂取しすぎると体内にガスが溜り易くなります、欲深い私のように「3食全てコレを使用しよう!」なんて思考停止な行動はもってのほか。

では私が今直面している危機的状況を簡単に説明致します。

1:フィットネスの時間がおなら我慢大会

フィットネス

フィットネスは結構シビアな姿勢をキープするのですが「動く魔法のラッパ」と化したマチモチにとっては上記のような写真のポーズをとってしまうとどうなるのか?簡単に想像がつくと思います。

しかし、フィットネスの先生は「はーい、何かお腹から出そうな方は遠慮なく出してくださいねー(笑)」などと言い受講メンバーの笑いを取っているのです。

私にとっては「笑い事じゃない。」本当にしちゃうぞ?なんならセッションでもしますか??私の目は鋭く光っている。

2:仕事中にトイレに行く回数が増える

よくご高齢の方はトイレに行く回数が増えますね、私も今や同じ状態「私のラッパの演奏会場は決まってトイレ」しかしそんなに頻繁にトイレに向かえばオフィスに居るスタッフに不審に思われる。

もはやオフィスでは「生死を賭けた心理戦」が繰り広げられているのです、常に勝ち続ける事が前提とした勝負に私の精神は削られていく…。

結論

運動しましょう、これにつきます。もちろん結構食品を全て否定するわけではありません、効能をシッカリ理解し自分の生活スタイルと合っていればこの上なく素敵な事です。

ただ私が言いたかったのは「よく調べもせずに好き勝手摂取する」事に対して警鐘を鳴らしたかったのです。

自分の体に入れる物です、きちんと考え計画的に。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。