PAGE TOP
TOP right BLOG right right ブラインシュリンプのアレコレ

AQUARIUM

2014/02/20

ブラインシュリンプのアレコレ

コリドラス稚魚、孵化から31日目。ブラインシュリンプの孵化環境や種類について。

ちびっ子の2匹の目がコリドラスっぽく成長、孵化から3日目なので明日くらいにブラインシュリンプを食べ始めるころです。

コリドラス稚魚3日目

ヨークサックも小さくなってますね、元気一杯に暴れ回る大きい稚魚達との同棲にも耐えスクスクと成長しています。

ブラインシュリンプアルテミア

そこで我が家で使用しているブラインシュリンプの卵を紹介します。おそらく何処のショップにもおいてあると思います。孵化率80%!っと謳い文句にしているだけの事はあり説明書どおりに孵化環境を整えてあげれば大量に孵化します。

ブラインシュリンプ栽培機

上の写真が孵化用の水槽です、8リットル水槽を使用して孵化させています。水温が33度と高めですがコノ水温計若干温度が高く表示されるので実際は31度くらいです。(それでも設定より少し高めです)

ペットボトルは300mlで後ろからガラス蓋で固定しています。孵化のポイントは「ちゃんと海水の元を使用する」「水温を28〜30度」「エアレーションを強めにかける」ですね。エアレーションは卵が底に沈殿しないくらい(常に水流で巻上る状態)を維持できるくらいが目安です。

コリドラス稚魚31日目

こちら問題の暴れ回る大きい稚魚生後31日です。昨日のフラグは無事回収せずに済み元気です。最近は人口餌もブライン並みに食いつきが良いです。バクバク食べるのでそろそろコリタブを小さく砕いて与えてみようと思います。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。