PAGE TOP
TOP right BLOG right right コリドラスに与える餌による成長の違い

AQUARIUM

2014/03/24

コリドラスに与える餌による成長の違い

与える餌を変えて成長の違いを考察。

少し間をあけての更新です。今回はコリドラス稚魚餌による成長の違いについて書きたいと思います。

コリドラス稚魚

まず上の写真がブラインシュリンプを孵化から2週間まで与え、以降は人口餌に切り替えた個体。孵化から24日目です。餌の種類は主に「ひかりクレストカラシン用」です。 体長は約1センチです。

コリドラス稚魚24日目

そして下の写真がブラインシュリンプのみを24日間与えた孵化から24日後の写真で体長は約2センチ。過去記事稚魚サテライトの掃除とTポジションの写真より。

成長具合の差が一目瞭然だと思います。大きさのみならず各体のパーツの発達具合にも差が出てきています。両者ともに同じ親から生まれた個体です。餌は1日3回ほど腹部が脹れるまで与えます。「生餌の方が成長が早い」など聞きますが実際に比較すると違いがハッキリと分かりますね。

今回このような比較実験を行ったのは狙ったものではなく、ブラインシュリンプを孵化から2週間まで与えた個体は現在進行形で育っており、過去記事稚魚サテライトの掃除とTポジションの時に気まぐれで採集した卵が孵化したもので不思議と人口餌えの切り替えが早かったので人口餌を与えてます。

ブラインシュリンプを24日間与えた個体は今では孵化から62日目となり3センチくらいになろうとしています。もはや稚魚というより幼魚と言った方がしっくりする大きさと形をしています。

確かに毎日ブラインシュリンプを孵化させスポイントで餌を与えるのは手間ですが、成長に大きく影響を与えるという事は人口餌には成長する上で必用な栄養素を十分に補えないという事です。当然生存率や成魚になった時の体の大きさに影響が出てくるはずなので、その辺りを踏まえて餌の選択をする必用がありますね。

コリドラス稚魚

今回撮影に協力してもらった個体です。プラケースにわざわざ移動してもらっての撮影お疲れ様!写真はご褒美にひかりクレストカラシンを与えているシーンです。しばらくブログをサボっていましたので少し役に立ちそうな記事を書いてみました。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください