PAGE TOP
TOP right BLOG right right 水槽の記事が途切れてから「1年が過ぎ」空白の時間が今動き出す。

AQUARIUM

2017/08/31

水槽の記事が途切れてから「1年が過ぎ」空白の時間が今動き出す。

あの海水水槽の今は?生体達の今を公開。

夏もそろそろ終わりを迎えますね、皆様にとって今年の夏はいかがでしたでしょうか?BBQや海水浴、旅行に遊園地、そしてパートナーとの猛暑よりも熱い時間…。

大丈夫です、分かっています、そうじゃないですよね。私達はすでに溺れてしまっているのです…。実際の海や川、異性やテーマパークでもありません。

そう、「アクアリウム」という深く底なしのコスモに。

そうです、我々には「アクアリウム」という室内ウォーターレジャーがあるわけです。
合い言葉は「アクアの事だけを考えろ」是非、人生に辛くなったとき思い出して頂きたい。

では今回の本題「何故私は足の小指を角に良くぶつけるのか?」ではなく、「新環境にてのアクアリウム」を書き散らかしていきたい。

気がつけば稼働してから2年目になる海水水槽

もう最後のアクアリウム更新は下記の記事、から一年くらいたちますね…。すでに皆さまの記憶から消えている事でしょう。

君のトゲに乾杯☆順調に肥大化する素敵な命の裏側を公開!
MachiMochiWebは地方在住のアートディレクターがアクアリウムやクリエイティブコンテンツを見せびらかすページです。LINEスタンプ・LINE着せかえ・デザイン論・エッセイなどを主に発信いたします。

下の画像は去年の10月くらいの様子、どこから貝が湧いてきてイボヤギの元気がなくなりかけている状態ですね。

訓練された猛者の残党ですら「水槽畳んだんじゃない?」「え、水槽なんてあった?」と感じていることでしょう。
実はこの辺りから、身内による色々なトラブルが同時多発テロのように多数勃発し全部私が尻ぬぐいするという波乱に満ちた年でした。

その内容を年上の同僚に聞いてもらっていると「映画のクライマックスみたいだね、なかなかスゴイ経験だよ」と言われる始末。
警察・弁護士・裁判・賠償金・示談交渉、自分には無縁だと思っていた単語が一同にして私の日常に介入してきたわけです。

幸いどれも加害者側になる事は無かったのですが、とても水槽どころではなく杜撰な水槽稼働となっておりました。
さて、そんな過酷な環境下で生き残った生体達の現状報告。

生き抜いた生存個体

3ヶ月ほどですね、足し水だけで稼働させていた時に2ヶ月でイボヤギさんが、3ヶ月目でスターポリプさんが残念な感じになりそのまま枯れてしまいました…。

私の経験だと2ヶ月目くらいからスターポリプのコンディションが下がってきた感じでした、逆に考えれば2ヶ月間くらいなら足し水だけでも持つのでかなり丈夫な珊瑚だと感じました。

悲しいことにユビワサンゴヤドカリは一匹生き残っていたのですが引っ越し後、元気がなくなり翌朝に死んでしまいました・・・。やはり長時間の移動が負担になったのだろうか。

ライブロックや竜王石は殆ど実家に置いてきた

なんせ重いですしね、必要になったら取りに戻ろうかなと思っております。ただライブロックは多少必要なので写真にも写っている2個だけ持ってきました。

新環境にて水槽配置を選定

そんな紆余曲折がありながら、前の記事でも少しふれましたが最近引っ越したんです。

さぁ、空っぽの間取りにです。アクアリストなら水槽を中心にレイアウトしたいですよね?そう、ここで悩むのが「水槽のベストポジションとは?」っという事になります。次回、「水槽のベストポジション〜君だけを見つめていたい〜」です。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。